インターネット診療予約
予約専用ダイヤル

※急患の方は直接ご来院ください。

TEL:027-322-3985

群馬県高崎市連雀町127

群馬県、高崎市にある小児科医院。小児神経科、予防接種、乳幼児健診、肥満予防指導等のご案内。

BLOG

BLOG

体温記録表 体温記録表をご用意しております。お熱の出た時などにお使いください。体温記録表のダウンロードはこちら。

リンク

Mobile Site
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

お盆期間中の診療について

2018/08/13 お盆期間中の診療について

お盆期間中も休診せずカレンダーどおりに診療を行っております。
また、8月19日は在宅休日当番医となっておりますので、
診療を行っております。
ご不明の点はお電話等でお問い合わせくださいませ。
 

2018-08-13 11:39:00

折りたたむ

解熱剤について その2

発熱と解熱剤について
~その2 解熱剤のしくみとメリットについて~

 
解熱剤として小児で使われるものは、基本的にアセトアミノフェンとなります。
これは、アスピリンなどのNSAIDと呼ばれるお薬が、
インフルエンザ、水痘などの際にライ症候群という重篤な状態を引き起こす可能性があるため、
小児では使わないことになっているためです。
(小児でもイブプロフェンは投与可能とされています)
そこで、ここではアセトアミノフェンについて記載させていただきます。
 
◆アセトアミノフェンが効くしくみ◆
アセトアミノフェンが効果を発揮する場所は、主に中枢、つまり「脳」とされています。
脳でプロスタグランジンE2の産生を阻害し、視床下部の体温調節中枢の設定温度を下げ、
全身のしくみを、体温を下げる方向に向かわせます。

熱が上がるしくみのところで登場した、プロスタグランジンE2が増えないようにすることで、
熱を下げようというお薬
です。

なお、アセトアミノフェンには鎮痛作用もありますが、これも「脳」での作用が中心なので、
末梢での炎症が主体の「関節リウマチ」などには効きにくいとされています。

つまり、脳での作用により、解熱効果、鎮痛効果はありますが、
末梢での炎症を抑える効果は少ないということです。
一方で、末梢での作用が弱いので、胃腸障害や腎障害が起こるリスクは少なくなります。
 
 
◆解熱剤のメリット◆
解熱剤の最大の目的は、体の負担を減らすことです

発熱は感染防御に有効、と考えると、解熱剤は使用しない方がいいのではないか、
というご意見が出るかと思います。
確かに、可能であれば熱は下げない方が防御システムの働きは良いと思います。
しかし一方で、体温を上げようと体が頑張っている時には、
酸素やエネルギーの消費量は上がってしまうので、
それが続けば体は疲れてしまいます。

高熱のために食事や睡眠も十分にとれない状態が続けば、
脱水、低血糖の恐れもあります。
また、40度以上の発熱時には、そもそも白血球の機能も低下するという報告もあります。
結局は全体のバランスを考え、
熱が高くても元気があれば使用せず、つらくなってきたら使用する
という使い方をお勧めしたいと思います。
 
◆アセトアミノフェンの効き方◆
投与後30分以内に少しずつ体温が下降し始め、
2時間後ごろに効果は最大となり、4時間後ころまで効果が持続します。

なお、平熱時にはほとんど体温に影響を及ぼさないとされているので、
平熱時に鎮痛剤として使用することも可能です。

 

2018-07-26 13:43:00

折りたたむ

解熱剤について その1

発熱と解熱剤について
≪その1≫発熱の目的としくみについて
≪その2≫解熱剤のしくみとメリットについて
今回は全体のお話が長くなってしまうので、2つに分けて書かせていただきます。
 

発熱と解熱剤について
~その1 発熱の目的としくみについて~


◆発熱の目的◆

①体温が上がることによって、白血球が病原体を攻撃する機能が高まる
②温度が高いと微生物の増殖が抑制される
               その結果、感染防御につながるから、と考えられています。

白血球が病原体を攻撃する機能というのは、具体的には、

●走化能=白血球が細菌などの方に向かって移動していく
●貪食能=白血球が細菌を食べる、       などがあります
 
◆熱が上がるしくみ◆


①体の中にウイルスが侵入する
②免疫に関係する細胞が活性化して、発熱サイトカインが出される
③それにより、プロスタグランジンE2という物質の産生が増える
④それにより、脳の視床下部の体温調節中枢の設定体温が上げられる
⑤それにより、全身のしくみが熱を上げる方向に働き始める

という流れによります

つまり、ウイルスなどの病原体が体に侵入すると、免疫システムが作動して、
脳の視床下部から体温を上げる指令が出される、ということです。

(細かいところなのですが、このプロスタグランジンE2というのは、
後で解熱剤のしくみのところでも登場しますので、なんとなく覚えていてくださいませ。)
 

それを受けて、全身のしくみが熱を上げる方向に進み始めますが、具体的には、

①手足など末梢の血管を収縮させて、血流を体の奥の臓器に集めることで、皮膚表面から熱が逃げにくいようにする
②筋肉を収縮させて熱産生が行われるようにふるえが出現する
③設定温度と実際の体温との差から、大脳皮質を介して、布団にもぐったり衣服をより多く着たりする行動につながる
     
などがあります。

なお、上記の流れの中で、血管の収縮、拡張によって頭痛が出現したり、
プロスタグランジンE2の産生増加によって筋肉痛や関節痛が出現したりします。
 
インフルエンザ、夏風邪などによる高熱は本当につらいと思いますが、
体の免疫反応から起きている症状で、体ががんばっている証拠だと思うと、
つらさも多少は緩和されますでしょうか・・・。(その2へ続く)
 

2018-07-26 13:33:39

折りたたむ

とびひ(伝染性膿痂疹)について

とびひ(伝染性膿痂疹)


とびひは皮膚の感染症で、主に黄色ブドウ球菌と、化膿性連鎖球菌が原因となります。

あせも、虫刺され、湿疹などをひっかいたりしてできた傷口に感染して起きることが多いので、夏の時期に多くなります。

お子さんに多いのは黄色ブドウ球菌による水疱性膿痂疹で、黄色ブドウ球菌の作った毒素のために皮膚の内側が弱くなり、水ぶくれ、びらん(皮むけ)ができ、あちこちに広がっていきます。
 

治療としては、シャワーなどでよく洗って清潔にし、抗菌剤の塗り薬、飲み薬を使用します。他の部位に広がらないように、病変部分はガーゼなどで覆いましょう

かきむしったところの浸出液などから他の人にもうつるので、とびひが治るまではプールはおやすみが必要です。

病変部分をガーゼで覆ってあれば、登園、登校は可能です。
 

予防のためには、体を石鹸でよく洗い清潔を保つこと、虫刺されなどをかきむしらないこと、爪をよく切っておき、もし掻いても傷になりにくいようにしておくことが大切です。

2018-06-28 13:13:47

折りたたむ

ミルク、母乳、牛乳について

母乳と乳児用調整粉乳(普通ミルク)とフォローアップミルクと牛乳について
 
主に9か月健診の際に、
「普通ミルクをフォローアップミルクに変えたほうがよいのか」
「完全母乳だったが、フォローアップミルクを足した方がよいのか」

などのご質問をいただくことがあります。
 
結論からお話すると、
フォローアップミルクの利点は、普通ミルクよりも鉄分、カルシウムが強化されていることなので、
もし離乳食が順調に進んで1日3回となっていて、
鉄分、カルシウム、ビタミンDなどが十分にとれているようでしたら、
無理に普通ミルクをフォローアップミルクに変えたり、
離乳食の他は母乳だけだったのを新たにフォローアップミルクを購入して飲ませ始めたりしなくても、
それほど問題にはならないと思います。

ただ、実際には、9か月ころの離乳食の内容を考えると、
レバーや魚や赤身の肉などの食品は摂取量が不足しがちだと思います。
 
フォローアップミルクは、
9か月以降に不足しがちな栄養素が強化されていますし、
普通ミルクよりも価格はやや低めなので、
普通ミルクを使用されている方は
今お手持ちの普通ミルクを使い終わったタイミングでフォローアップミルクに切り替える
母乳のみだった方は、哺乳瓶が好きでないことも多いので
離乳食の食材としてフォローアップミルクを使ってみる
というのはお勧めしたいと思います。

なお、フォローアップミルクの開始時期が9か月からとなっているのは、
タンパク質の含有量が多く、小さい赤ちゃんには負担が大きいためで、
さらにタンパク質含有量の多い牛乳を飲料として飲ませる場合は
1歳以降がお勧めです。
ただ、離乳食の食材として少量使用する分には早い時期でも全く問題ありません。
(ただし、乳アレルギーの場合は使用できません)
 
なお、ご参考までに、
成分の一部を比較したものを一覧としてみますと、以下のとおりとなります。
 
成分(いずれも100ml中)

 
 
人乳
 
乳児用調整粉乳
 
フォローアップミルク
 
牛乳
 
エネルギー(kcal)
 
66
 
66.4-68.3
 
64.4-66.4
 
69
 
総脂質(g)
 
3.6
 
3.51-3.61
 
2.52-2.95
 
3.9
 
タンパク質(g)
 
1.1
 
1.43-1.60
 
1.96-2.11
 
3.4
 
鉄(mg)
 
0.04
 
0.78-0.99
 
1.1-1.3
 
0.02
 
カルシウム(mg)
 
27
 
44-51
 
87-101
 
114
 
ビタミンD(μg)
 
0.3
 
0.85-1.2
 
0.66-0.98
 
0.3
 
(小児科臨床 Vol.9 No11 2016 p144より一部引用)
 
(補足ですが、母乳中の鉄分含有量は低いですが、普通ミルクよりも吸収効率が高いといわれています。)

 

2018-06-07 10:22:45

折りたたむ

水ぼうそうと帯状疱疹について

今回から、少しずつですが、診察中にご質問いただくことが多い内容について
Q&Aシリーズとして、書かせていただこうと思います。

診察中には時間も限られてしまうので、
こちらの記事が少しでもお役に立ちましたら幸いです。
 
水ぼうそう(水痘)と帯状疱疹(たいじょうほうしん)について
 
≪症状≫
水ぼうそうは、全身(頭や口の中を含む)にかゆみを伴う発疹(発赤、水ぶくれ、かさぶた)ができる病気で、
帯状疱疹は
体の左右どちらか一方にピリピリとさすような痛みと発赤、水ぶくれができる病気です。
どちらも水痘・帯状疱疹ウイルス、というウイルスが原因の病気ですが、
水ぼうそうは初めてかかった時に出る病気なのに対して、
帯状疱疹は、水ぼうそうにかかった後に神経節にウイルスが潜んでいて、
あとあとで疲れや病気や年齢などで免疫力が下がった時に出てきます。
 
≪感染経路≫
水ぼうそうは空気感染(=飛沫核感染。小さいウイルスの粒子が
長時間空気中に漂っているので広範囲に感染が広がりうる)なので、
同じ空間にいると高い確率でうつるのに対し、

帯状疱疹は基本的には接触感染のため、水ぶくれの部分に直接触れることでうつります。
ただし、うつるといっても症状が帯状疱疹として出てくるのではなく、
水ぼうそうとして発症します。
潜伏期間は2週間程度とされています。

これまでに水ぼうそうにかかったことのある方は、免疫があるので、
帯状疱疹の人と接しても水ぼうそうにはなりません。
ワクチンを2回接種している人でも、免疫が不十分な場合には、
症状は軽いものの水ぼうそうにかかることがあります。


すべての発疹がかさぶたになれば、他の人にはうつらなくなります
初めての発疹が出てから、710日程度かかります。
またかさぶたを無理やりはがすと、傷跡が残りやすくなるので、
無理にはがさないようにしましょう。
 
≪治療≫
水ぼうそう、帯状疱疹のいずれも、治療としては抗ウイルス剤の内服になります。
特に帯状疱疹の場合は、発疹が治った後もズキズキした痛みが残る「
帯状疱疹後神経痛
という症状が出ることがあり、その予防のためにも、早めの治療をお勧めいたします。
 
≪妊娠中の水痘感染について≫
妊婦さんが、妊娠20週以前に水ぼうそうにかかると、
まれに胎児に重度の障害が出ることがあります。(
先天性水痘症候群
一方で、妊婦さんが出産直前・直後(分娩前後4日程度)に水ぼうそうにかかった場合は、
赤ちゃんが水ぼうそうになる可能性があり、出産前後4日では母体からの移行免疫が間に合わないので、
重症化しやすいといわれており、注意が必要です。

 
≪予防≫
予防の方法としては、水痘ワクチンがあります。
現在は1歳以上3歳未満での2回が定期接種となっています。
また、任意接種とはなりますが、50歳以上の方が
帯状疱疹の予防を目的として接種を行うことも可能です。
 

2018-06-05 12:13:43

折りたたむ

舌下免疫療法について

6月から、スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎の方に対して、
舌下免疫療法の開始が可能となります。
(現在使用可能な薬剤では、スギ花粉症の治療は12歳以上の方、ダニアレルギーの治療は5歳以上の方が対象ですが、
6月末からはスギ花粉症の治療も5歳以上の方が可能となります)


舌下免疫療法は、アレルギーの原因である「アレルゲン」を舌下から少量ずつ投与することで、
体をアレルゲンに慣らして、アレルギー症状を和らげる治療法です。

内服薬で症状を和らげる治療法と異なり、
症状が強くない時期(6月から12月)に治療を開始し、
3年から5年、内服を継続する必要がありますが、
治療中止後もしばらく効果が持続し、
新たなアレルゲンの感作や喘息の発症を予防する可能性がある治療法です。

長期にわたる治療となりますので、
事前に十分に説明させていただいたうえでの治療開始となります。

ご興味のある方は、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
治療の内容について、お話させていただきます。

(アレルギー検査などが必要となり、また、
説明に十分な時間をとらせていただきたいため、
ご来院いただいた当日からの治療開始は難しいので、
ご了承くださいませ)
 

2018-05-24 17:41:20

折りたたむ

先週の流行状況

暖かい日が続き、花粉の飛散量も多いようで、
花粉症の方が多く来院されています。
そのほか、急性胃腸炎もみられています。
インフルエンザはほとんどみられなくなりましたが、
ごく一部の地域ではまだ残っているようです。

まもなく新学期も始まり、忙しくなる方も多いかと思いますが、
どうぞ引き続き体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。

2018-04-04 17:45:49

折りたたむ

先週の流行状況

今年はインフルエンザのA型、B型が同時に流行しているようです。
学級閉鎖となるところも増えているようですので、
どうぞ引き続き予防にお気をつけてお過ごしくださいませ。

そして、本日は雪も降りだしてきております。
どうぞお気をつけてお帰り下さいませ。
 

2018-01-22 16:25:47

折りたたむ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

お子さんや、ご家族みなさまが、
お元気で笑顔でお過ごしになれるお手伝いができますよう、
スタッフ一同、精進してまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

体に関するご心配ごとや、学校生活でのご心配ごとなど、
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

また新たな年がみなさまにとって、
ますます良い年でありますよう、心よりお祈りしております。
 

2018-01-05 11:35:13

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Page Top