インターネット診療予約
予約専用ダイヤル

※急患の方は直接ご来院ください。

TEL:027-322-3985

群馬県高崎市連雀町127

群馬県、高崎市にある小児科医院。小児神経科、予防接種、乳幼児健診、肥満予防指導等のご案内。

BLOG

BLOG

体温記録表 体温記録表をご用意しております。お熱の出た時などにお使いください。体温記録表のダウンロードはこちら。

リンク

Mobile Site
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ミルク、母乳、牛乳について

母乳と乳児用調整粉乳(普通ミルク)とフォローアップミルクと牛乳について
 
主に9か月健診の際に、
「普通ミルクをフォローアップミルクに変えたほうがよいのか」
「完全母乳だったが、フォローアップミルクを足した方がよいのか」

などのご質問をいただくことがあります。
 
結論からお話すると、
フォローアップミルクの利点は、普通ミルクよりも鉄分、カルシウムが強化されていることなので、
もし離乳食が順調に進んで1日3回となっていて、
鉄分、カルシウム、ビタミンDなどが十分にとれているようでしたら、
無理に普通ミルクをフォローアップミルクに変えたり、
離乳食の他は母乳だけだったのを新たにフォローアップミルクを購入して飲ませ始めたりしなくても、
それほど問題にはならないと思います。

ただ、実際には、9か月ころの離乳食の内容を考えると、
レバーや魚や赤身の肉などの食品は摂取量が不足しがちだと思います。
 
フォローアップミルクは、
9か月以降に不足しがちな栄養素が強化されていますし、
普通ミルクよりも価格はやや低めなので、
普通ミルクを使用されている方は
今お手持ちの普通ミルクを使い終わったタイミングでフォローアップミルクに切り替える
母乳のみだった方は、哺乳瓶が好きでないことも多いので
離乳食の食材としてフォローアップミルクを使ってみる
というのはお勧めしたいと思います。

なお、フォローアップミルクの開始時期が9か月からとなっているのは、
タンパク質の含有量が多く、小さい赤ちゃんには負担が大きいためで、
さらにタンパク質含有量の多い牛乳を飲料として飲ませる場合は
1歳以降がお勧めです。
ただ、離乳食の食材として少量使用する分には早い時期でも全く問題ありません。
(ただし、乳アレルギーの場合は使用できません)
 
なお、ご参考までに、
成分の一部を比較したものを一覧としてみますと、以下のとおりとなります。
 
成分(いずれも100ml中)

 
 
人乳
 
乳児用調整粉乳
 
フォローアップミルク
 
牛乳
 
エネルギー(kcal)
 
66
 
66.4-68.3
 
64.4-66.4
 
69
 
総脂質(g)
 
3.6
 
3.51-3.61
 
2.52-2.95
 
3.9
 
タンパク質(g)
 
1.1
 
1.43-1.60
 
1.96-2.11
 
3.4
 
鉄(mg)
 
0.04
 
0.78-0.99
 
1.1-1.3
 
0.02
 
カルシウム(mg)
 
27
 
44-51
 
87-101
 
114
 
ビタミンD(μg)
 
0.3
 
0.85-1.2
 
0.66-0.98
 
0.3
 
(小児科臨床 Vol.9 No11 2016 p144より一部引用)
 
(補足ですが、母乳中の鉄分含有量は低いですが、普通ミルクよりも吸収効率が高いといわれています。)

 

2018-06-07 10:22:45

折りたたむ

水ぼうそうと帯状疱疹について

今回から、少しずつですが、診察中にご質問いただくことが多い内容について
Q&Aシリーズとして、書かせていただこうと思います。

診察中には時間も限られてしまうので、
こちらの記事が少しでもお役に立ちましたら幸いです。
 
水ぼうそう(水痘)と帯状疱疹(たいじょうほうしん)について
 
≪症状≫
水ぼうそうは、全身(頭や口の中を含む)にかゆみを伴う発疹(発赤、水ぶくれ、かさぶた)ができる病気で、
帯状疱疹は
体の左右どちらか一方にピリピリとさすような痛みと発赤、水ぶくれができる病気です。
どちらも水痘・帯状疱疹ウイルス、というウイルスが原因の病気ですが、
水ぼうそうは初めてかかった時に出る病気なのに対して、
帯状疱疹は、水ぼうそうにかかった後に神経節にウイルスが潜んでいて、
あとあとで疲れや病気や年齢などで免疫力が下がった時に出てきます。
 
≪感染経路≫
水ぼうそうは空気感染(=飛沫核感染。小さいウイルスの粒子が
長時間空気中に漂っているので広範囲に感染が広がりうる)なので、
同じ空間にいると高い確率でうつるのに対し、

帯状疱疹は基本的には接触感染のため、水ぶくれの部分に直接触れることでうつります。
ただし、うつるといっても症状が帯状疱疹として出てくるのではなく、
水ぼうそうとして発症します。
潜伏期間は2週間程度とされています。

これまでに水ぼうそうにかかったことのある方は、免疫があるので、
帯状疱疹の人と接しても水ぼうそうにはなりません。
ワクチンを2回接種している人でも、免疫が不十分な場合には、
症状は軽いものの水ぼうそうにかかることがあります。


すべての発疹がかさぶたになれば、他の人にはうつらなくなります
初めての発疹が出てから、710日程度かかります。
またかさぶたを無理やりはがすと、傷跡が残りやすくなるので、
無理にはがさないようにしましょう。
 
≪治療≫
水ぼうそう、帯状疱疹のいずれも、治療としては抗ウイルス剤の内服になります。
特に帯状疱疹の場合は、発疹が治った後もズキズキした痛みが残る「
帯状疱疹後神経痛
という症状が出ることがあり、その予防のためにも、早めの治療をお勧めいたします。
 
≪妊娠中の水痘感染について≫
妊婦さんが、妊娠20週以前に水ぼうそうにかかると、
まれに胎児に重度の障害が出ることがあります。(
先天性水痘症候群
一方で、妊婦さんが出産直前・直後(分娩前後4日程度)に水ぼうそうにかかった場合は、
赤ちゃんが水ぼうそうになる可能性があり、出産前後4日では母体からの移行免疫が間に合わないので、
重症化しやすいといわれており、注意が必要です。

 
≪予防≫
予防の方法としては、水痘ワクチンがあります。
現在は1歳以上3歳未満での2回が定期接種となっています。
また、任意接種とはなりますが、50歳以上の方が
帯状疱疹の予防を目的として接種を行うことも可能です。
 

2018-06-05 12:13:43

折りたたむ

舌下免疫療法について

6月から、スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎の方に対して、
舌下免疫療法の開始が可能となります。
(現在使用可能な薬剤では、スギ花粉症の治療は12歳以上の方、ダニアレルギーの治療は5歳以上の方が対象ですが、
6月末からはスギ花粉症の治療も5歳以上の方が可能となります)


舌下免疫療法は、アレルギーの原因である「アレルゲン」を舌下から少量ずつ投与することで、
体をアレルゲンに慣らして、アレルギー症状を和らげる治療法です。

内服薬で症状を和らげる治療法と異なり、
症状が強くない時期(6月から12月)に治療を開始し、
3年から5年、内服を継続する必要がありますが、
治療中止後もしばらく効果が持続し、
新たなアレルゲンの感作や喘息の発症を予防する可能性がある治療法です。

長期にわたる治療となりますので、
事前に十分に説明させていただいたうえでの治療開始となります。

ご興味のある方は、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
治療の内容について、お話させていただきます。

(アレルギー検査などが必要となり、また、
説明に十分な時間をとらせていただきたいため、
ご来院いただいた当日からの治療開始は難しいので、
ご了承くださいませ)
 

2018-05-24 17:41:20

折りたたむ

先週の流行状況

暖かい日が続き、花粉の飛散量も多いようで、
花粉症の方が多く来院されています。
そのほか、急性胃腸炎もみられています。
インフルエンザはほとんどみられなくなりましたが、
ごく一部の地域ではまだ残っているようです。

まもなく新学期も始まり、忙しくなる方も多いかと思いますが、
どうぞ引き続き体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。

2018-04-04 17:45:49

折りたたむ

先週の流行状況

今年はインフルエンザのA型、B型が同時に流行しているようです。
学級閉鎖となるところも増えているようですので、
どうぞ引き続き予防にお気をつけてお過ごしくださいませ。

そして、本日は雪も降りだしてきております。
どうぞお気をつけてお帰り下さいませ。
 

2018-01-22 16:25:47

折りたたむ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

お子さんや、ご家族みなさまが、
お元気で笑顔でお過ごしになれるお手伝いができますよう、
スタッフ一同、精進してまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

体に関するご心配ごとや、学校生活でのご心配ごとなど、
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

また新たな年がみなさまにとって、
ますます良い年でありますよう、心よりお祈りしております。
 

2018-01-05 11:35:13

折りたたむ

年末年始の診療について

平成29年の年末年始の診療は、
12月29日までが通常診療で、
12月30日は当院が在宅休日当番医となっておりますので、
終日診療を行っております。
年明けは1月4日から診療を始めさせていただきます。

大変申し訳ありませんが、
12月31日から1月3日までは休診とさせていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017-12-29 16:55:31

折りたたむ

先週の流行状況

ウイルス性胃腸炎、アデノウイルス感染症、手足口病の方に加え、
少しずつインフルエンザ(A型)の方も増えてきているようです。
急に寒さも厳しくなっていますので、
どうぞ引き続き体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。

インフルエンザワクチンの入荷が例年よりも遅くなっており、
ご希望どおりの日程での予約をお受けできないこともあり、
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
少しずつ入荷してきておりますので、
接種ご希望の方は窓口までお問い合わせくださいませ。
 

2017-12-04 17:47:26

折りたたむ

先週の流行条項

先週は、胃腸炎、咽頭炎の方が多く、
その中で一部にアデノウイルス感染症の方がみられました。
また一部では流行性耳下腺炎(おたふく)も流行しているようです。
インフルエンザはまだそれほど広がってきていない印象です。

一日の中での寒暖の差が激しい今日この頃ですので、
どうぞ引き続き体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。

2017-11-12 22:29:22

折りたたむ

先週の流行状況

先週は喉の痛みから始まるような上気道炎の方が多く来院されました。
また、空気が乾燥してきた影響と思われますが、
皮膚のかゆみ、かきこわしなどの訴えの方も多くなってきました。
りんご病、水痘、手足口病が一部で流行しているようです。
インフルエンザはこのあたりではまだそれほど流行していない様子でした。

朝晩と冷え込んできておりますし、
どうぞみなさまもお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

2017-11-06 00:24:50

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Page Top